代替資産(金や暗号通貨)

不安定な情勢だと暗号資産(仮想通貨)の価値が上がる理由

昨年と今年は新型コロナウイルスの感染拡大により、大変な一年となっています。感染拡大には有効な抑制策がなく、一部の地域では再度ロックダウン措置が採られています。金融市場でも、今年は安全資産として金や米国債が買われたり、安全通貨として基軸通貨である米ドルや日本円が買われました。できるだけ安全なところに資産を移して、守りたいという気持ちは、投資家のみならず、すべての人に共通することでしょう。

 

 

さて、そんな中、暗号資産(仮想通貨)の価格が最高値を更新したというニュースが入ってきました。3年前の暗号資産ブームは、個人投資家が中心でしたが、最近の暗号資産の価格上昇には、機関投資家の暗号資産組み入れ率が継続的に上昇していることが理由のようです。今後、先行きインフレリスクのヘッジ手段やポートフォリオの分散先として、暗号資産が有効な代替資産になり得るかという議論が盛り上がってくることでしょう。

 

想定外の出来 事が多発する世の中になると、どうしたら不透明な将来のリスクを回避できるか、資産を持つ人ほど頭を悩ませるようになります。答えがない中では、投資先を分散することは有効な手段なのです。市場がある程度大きくなり、既存の市場の動きとも連動性が低い暗号資産が、期待を集めることも道理なことなのです。

 

 

 

金相場から暗号資産への資金移動が起こっているということも注目されます。大手米銀の発表によると、暗号資産に投資するファンドが機関投資家から人気を集め、多くの資金が流入しました。対照的に、金のETFからは資産が流出したとも推計されます。暗号資産の相場と貴金属相場の関連性や相互の影響はまだはっきりしませんが、気になる動きです。

 

 

なお、暗号資産はまだ成長途上の市場で、その変動幅の大きさは一つのリスクです。投資を考える際には、あくまでポートフォリオの分散対象として、長期投資の一環で取り組むことをお勧めします。