資産運用

お金のことをしっかり考える時代に

 

日本では、投資教育が進んでおらず、金融機関も積極的に商品開発をしてこなかったことや、昨今のマイナス金利政策もあり、資産運用はあまり注目されてこないで来ました。「資産運用」というと、「濡れ手に粟」という言葉のように、苦労しないで得た不労所得のようなイメージがあり、まだまだ、資産運用にしっかりと取り組んでいらっしゃる日本人はまだ一部の人だけといった印象です。

 

 

本当に日本人は投資を考えなくていいのでしょうか? 日々の生活や趣味娯楽、車や住宅にもお金は掛かります。長期で見ると、学資や老後にもお金は必要です。今、ある程度の目処がついているという人でも、望む以上に長寿になることはありえますし、インフレや円安という、見通せない要因にも生活が左右されることは起こるかもしれません。こうした事態に、一定程度の「備え」を持っておくことは、とても重要なことです。

 

 

節約や貯蓄で、これらを賄うことができれば、それはそれで結構なことですが、低金利の環境のもと、貯蓄だけでは覚束(おぼつか)ないというのが現実ではないでしょうか?そこで、大事なことはお金にも働いてもらう「資産運用」が重要になってきます。

 

例えば、私が拠点とする香港では贈与税や相続税が課されません。投資から得たキャピタルゲイン(譲渡益)や配当金に対しても課税されません。従って香港の富裕層は税金については悩みが少なく、資産をどう増やすかに注力するようになります。そうすると資産運用に対する金融機関への要求や期待も高くなるというわけです。こうした背景もあり、香港では、世界中のより広い運用機会を得られるようになり、それが運用資産を呼び込み、金融センターとして急速な発展をもたらしました。

 

 

実は、資産運用に経験のあまりない方でも、正確には知らぬ間に資産運用を経験してきています。企業にお勤めの方は、企業「年金」として、将来の年金というキャッシュフローを作り出す仕組みの一部を担っています。個人でも、「保険」の形で、死亡保障以外の貯蓄保険や学資保険の形で、資産運用に相当することに取り組んでいます。ところが、「運用」実感もなく、「成果」も実感できていない、というのが実態です。本サイトでは"お金の学校"と題して、初心者の皆様に向けて「資産運用」について記事を投稿しますので、一緒に考えていただく機会を持っていただけたらと思います。