資産運用

為替のリスクについて分かりやすく説明します

海外で暮らし始めると、これまでは関心を持たなかった為替レートにも、注意を払ったり、買い物で円なら幾らに相当するか計算してみたりすることがあるのではないでしょうか? 実際、海外働いてる人で海外の通貨で収入があるというだけでも、日本円に換算すれば変動しますし、その点では為替リスクを持っているということになります。

 

 

資産をどの通貨で持つかは、資産運用では重要なテーマです。高金利の通貨で資産運用すれば、その通貨での金額は大きくなりますが、運用して増えた分以上にその通貨の価値が下落してしまえば、結局目減りしてしまったという結果になります。一部の新興国の通貨の下落幅が大きく、かつて日本でも高金利通貨で運用することが流行したトルコリラや南アフリカランドは、とある年に1年間で40%近く下落してしまいました。1年間で仮に10%で運用できたとしても、通貨の価値が40%も下落してしまえば、運用後の価値はマイナス30%ほどになってしまいます。これが外貨での運用のリスクです。

 

何故こんなことが起こるのでしょうか? 国ごとの収支を見るデータとして、経常収支があります。経常黒字とは、国全体としての収入が、支出を上回っている状態です。逆に経常赤字とは収入が支出を下回っている、つまりお金が足りない状態です。

経常赤字の国は、足りないお金を借り入れたり、他から投資してもらったりして、埋め合わせなければなりません。そこで、その国の通貨を他よりも高い金利に維持する政策を採って、投資などによるお金の流入を促します。その国がしっかり経済運営していて、市場の投資家が落ち着いてリスクがとれる平常時には、お金は経常黒字を抱え余剰となっている国から経常赤字でお金を必要とする国へと流れます。

 

そして、経常赤字の国の足りないお金がファイナンス(埋め合わせ)されるのです。ところが、経常赤字の国の政治や経済状況に異常な事態が起こると、市場の投資家はリスクに神経質になり、赤字の国への投資を止めたり、投資したお金を引き上げようとするようになります。すると、お金の流れは前述の動きとは逆転し、経常赤字の国から逃げ出し、経常黒字の国へと還流します。こうした流れが一気に進むと、トルコリラ急落のような事態に陥るというわけです。

 

日本円と米ドルの関係は、かつて1ドル=360円の固定相場制が、変動相場制に移行してから、大きな円高のトレンドがありました。1ドル=80円を下回った時期もあったほどです。為替レートが外貨安に動いてしまえば、外貨運用の結果は大きく違ってしまいます。しかし、金利を安定的に稼いでいくタイプの保険や債券投資であれば、運用する時間が長ければ長いほど、お金は着実に増えていくことも事実なのです。

 

では、ここで、330万円持っているAさんが、1ドル=110円の為替レートのときに米ドル運用を3万米ドルで始めるとしましょう。ちょうどお子さんが生まれて大学に入るときの入学金にしたいので18年間運用します。米ドルの金利は4%(複利)ですが、日本円の金利はゼロとします。

 

以前「72の法則」で御紹介しましたが、4%18年間複利運用すると、(4×18=72ですので)投資した3万米ドルは18年後6万米ドルになります。日本円のまま330万円を持っていても、銀行に預けても金利ゼロですから18年後も増えることなく330万円のままです。

 

18年後、為替レートが1ドル=110円だったら、6万米ドルは660万円です。気になるのは極端に円高米ドル安になった場合です。1ドル=55円のときに6万米ドルを円に戻すと330万円になり、この場合はわざわざ米ドルで運用しなくてもよかったな、という結果になります。そこまで、円高にならなければ、円換算でも元本割れの投資にはなりません。

 

世の中には何が起こるかわかりません。1ドル=55円も有り得ないという断言は出来ませんが、それをどう考えるかは皆さんの判断です。米ドル運用では、3万ドルを18年間4.0%複利で運用すれば18年後は6万ドルに成長します。また、円高米ドル安の可能性だけではなく、円安米ドル高になることもあります(ちなみに18年後1ドル=150円の場合は、6万米ドルは900万円になります)

 

 

かつて米国FRBトップだったグリーンスパン元議長も、「為替レートの予測は非常に難しく、明日のことも予測は出来ない」と言ったことがありました。為替には、一喜一憂するのではなく、長期的な目線で見てください。一方、着実に運用できる機会は活かして、しっかり運用し元本を大きくすることが、将来への大きな備えになるのです。着実な手段があれば、何もしないことが、一番良くないといえるでしょう。