資産運用

ドル・コスト平均法とは

ある金融商品に投資を始めてみようと思っても、いつどのように始めたらよいか、分からない、という悩みをお持ちの方もいらっしゃると思います。買って直ぐ価格が下がってしまったら大きく損してしまうので、相場に入るタイミングはやはり難しいですよね。

 

 

市場での価格の動きを予想することはとても難しいです。同じ金額を購入する定額法の場合、価格の安い時に購入していたら、多くの口数を購入できますが、価格の高い時期に購入すると購入口数が少なくなってしまいます。それに比べて、購入タイミングを分けて毎月同金額で買うと、購入価格が平均されて、結果的に割安で入手できる結果となることもあります。一度に買うと購入時期によって価格も口数も相場の影響を受けてしまいますが、タイミングを分ければ、価格も相場の振れによる影響も平準化されます。

 

 

一定金額を投資する場合に、複数回に分けて定額を購入し、購入金額を平準化することを「ドルコスト平均法」と言います。もし、いつ投資を始めたらいいか分からない、相場がどうなるか不安だという方は、このような購入の仕方を検討してみることもひとつの方法です。