資産運用

分散投資をする意味と理由、具体的な始め方

 

投資というと、リスクをすぐにイメージされる方が多いと思います。しかしそういう方は、「エイや!」と勢いで投資してしまう人よりも、実は投資に向いています。
投資には必ずリスクがついてきます。その中で大切なことは、この「リスク」とどう付き合っていくか、どう最小限にするか、すなわち「リスクマネジメント」だからです。

 

 

その昔、アラブの砂漠を旅する人たちは、食料として重要な「卵」を運ぶ時には必ず、複数のかごに分けて、別々のラクダに積んで運んだそうです。「ひとつのかごに全ての卵を盛るな」というのは、投資でも重要な格言として知られています。投資には、いろいろな投資対象があります。一つに集中させてしまうと、値上がりすればもちろん利益が得られますが、値下がりすれば大きな損失をこうむります。

最悪の場合、ゼロになることもあります。全ての卵を一匹のラクダに積んで、それがコケてしまったら卵は全滅。旅人も食料が無ければ、それ以上旅を続けることは出来ません。

 

その為、投資でも投資対象をいろいろな種類に分けて投資をするということが重要なのです。リスクをマネージするのです。この方法が『資産分散投資』です。投資する資金を複数の投資対象(相場や価格の動きの異なる種類の商品や銘柄)に分散させることでリスクを軽減させるのです。

 

 

そして、もうひとつは、タイミングを分けて投資することでリスクを軽減させるという方法です。

これは『時間分散』手法と言われます。投資対象となる相場ものは、価格が変動します。いつが高値か安値かを当てることは、プロでも難しいことです。もし、投資する全額を一度に投資して、それが安値だったら嬉しいのですが、高値だったら運用はずっと苦しいものになります。そこで、購入するタイミングを分けるのです。そうすれば買い付け価格が平均化され、大きく損を出さなくて済みます。時間の分散は他にも、一度の投資金額の大きさを小さく出来るというメリットや、投資をする期間が長くなるので、自然と長期投資のスタンスが身につき、世界経済や世界情勢、政治などに興味が湧くようになり、結果的に知識が増えて、投資上手になるというメリットもあります。

 

このような分散投資は、リスクマネジメントの重要な手法であり、投資で成功する最も重要な鍵なのです。

 

 

分散投資の重要性を理解いただいたところで、では、実際に投資を始めることをシミュレーションしてみましょう。投資対象となる金融資産は、株、債券、他には不動産やコモディティ (貴金属や穀物、エネルギーなど) があります (株や債券の解説は過去の記事をご確認下さい) 。

 

しかし、一口に株や債券といっても、発行している会社や地域・国によってリスクやリターン (利回り) が異なります。例えば、債券といっても、先進国債券 (アメリカや欧州など) と新興国債券 (アジアの国など) ではリスク・リターンが異なるのです。

 

株式は債券よりもリスクとリターンが高い投資対象です。債券と比べるとリスクが高く、値動きも大きいのが特徴です。また新興国株式は、一般的に、先進国株式よりも値動きが大きいです。新興国の市場が政策や市場環境で一変する可能性もある上、政治的なリスクもあり、また相対的に小さい規模であることも変動幅が大きい理由です。しかし、アジアの国は成長率が、相対的に高いことを背景に、リーマンショック以降の株式の上昇率は、高くなっています。従って、株や債券への分散に加えて、先進国と新興国に分け、特にアジアを含めることも意識して分散投資することで、リスクはより小さく、期待リターンは高まるように投資していくとよいでしょう。

 

株式や債券を買うのは、実は少し骨が折れます。何を買ったらいいか、銘柄が多すぎるのです。そんな方には、ファンド (投資信託) をお勧めします。ファンドは、プロのファンドマネージャーにお金を預けて、先進国の株式や債券といった括りで、特定の種類のものだけに投資し、そのリターンを分配する仕組みです。もちろん、ファンドマネージャーに払う報酬はかかりますが、それも、あらかじめ何%と決められています。従って、先進国株式、アジア株式、先進国債券、アジア債券に集中して投資するファンドに、分散投資をすれば、これで初期のポートフォリオは概ね出来上がります。

 

異なる価格の動きを性格上持つものを組み合わせることは、変動 (特に価格のダウンサイド) に対する耐性を高めます。実は、不動産も、株や債券とは異なる動きをする投資対象です。不動産は、世界の景気循環にはある程度リンクしますし、循環的な動きはありますが、不動産市場の好不況によりリスク・リターンが変動します。質の高い不動産は、長期的には安定的に上昇傾向にあります。更に、貴金属やエネルギー、農産物といったコモディティも、それらへの需給によって価格変動が起こります。投資に慣れてきたら、こういった投資対象も検討し、分散投資の対象に入れていくことも、視野に入れてください。