資産運用

資産運用において誰に相談するか、誰から購入するかはとても大切です

金融や投資について、日本では教育が積極的でないこともあり、知識や経験を持つ方は多いとは言えません。知識や経験が不足している中で、「どこで誰に相談したらいいかわからない」と思ってらっしゃる方も多いと思います。一方で、金融に携わる人といっても玉石混合さまざまで、注意が必要なのも事実です。

 

ひとつの尺度として、「資格」を参考にするということはできます。金融業には必ず、ライセンス(資格)が必要とされます。香港を例にすると、保険に関してはまず、金融業者が保険会社にコンプライアンス面の指導を受け、代理人として販売を行うエージェント (Agent)と、保険会社から独立して仲介業務を行うブローカー (Insurance Broker)の二種類が存在します。

 

エージェントは保険代理店としてIA (Insurance Authority)の認可を受け、HKFI (Hong Kong Federation of Insurers)に登録されています。一方、ブローカーはPIBA またはCIB という団体に登録されています。そして、保険のアドバイスを行うアドバイザーはいずれもTR (Technical Representative)という資格を取得していなければなりません。TR は香港の保険商品を説明、販売する業務を行う者には必須の資格であり、有資格者は各団体のウエブサイトで確認することができます。

 

また、投資信託に関しては、香港では証券の売買だけでなく、アドバイス、資産運用、格付けなど、金融関連の業務を行う機関は全て、香港政府の独立機関であるSFC (Securities & Futures Commission)が発行するライセンスの取得が義務付けられています。内容は9 種類に分かれており、各業務ごとに申請を行う必要があります。

また、これらに該当する業務に携わる人間 (ファンドマネージャー、資産運用アドバイザーなど) も、もちろんライセンスが必要で、資格試験に合格した上で、HKMA またはSFC 認定の金融機関等を通じて登録を行います。いずれもHKMA またはSFC のウエブサイトで有資格者を確認することができます。

「誰から買うか」それは金融商品の場合、手数料や長期的に安定したフォローアップが受けられるかなど、幾つかの観点がありますが、契約や購入は最終的にはあくまで自己責任となります。まずはきちんと知識を身に付け、相手をよく確かめること。これも投資の勉強の大事な項目と言えます。